水族館好きの水族館ブログ

めざせ!全国制覇!日本全国まったり水族館巡り

【サンシャイン水族館】ビルの上に佇む天空のオアシス

都内の水族館レポ第4弾!

 

サンシャイン水族館は近年リニューアルして

大幅に生まれ変わった屋外エリアが話題の水族館です。

 

目玉はなんといっても天空のペンギン水槽!

これを目当てに訪れた方も多いじゃないんでしょうか。

 

池袋にあるので気軽に行きやすく、

夜も営業しています。

東京の水族館は夜まで開館しているところが多いため、

休日じゃなくても仕事や学校の帰りに立ち寄れるのが嬉しいです。

 

今回は普段の館内レポに加え、

現在開催中の特別展「へんないきもの展3」と

館内の有料プログラムにも参加したのでそちらも紹介していきます。

 

 

 

f:id:negototsukasa:20190511175406j:plain

基本情報

入館料  大人2200円

     子供1200円

     幼児(4才以上)700円

営業時間 シーズンによって変動

     今のシーズンは9:00〜21:00

     入館は終了の1時間前まで

休館日  なし

アクセス 池袋駅35番出口から徒歩約8分(以下に詳細)

     東池袋駅6・7番出口より地下通路で徒歩約3分

     東池袋四丁目停留所から徒歩約4分

URL   https://sunshinecity.jp/aquarium/

 

 

池袋駅からのアクセスがややわかりづらいので、

35番出口からのルートを紹介します。

地上に出たらまっすぐ進み、

写真の信号を渡りましょう。

f:id:negototsukasa:20190511182825j:plain

 

信号を渡ったら直進し、

下の写真のところまで進んでください。

f:id:negototsukasa:20190511181302j:plain

 

真ん中の柱の右奥にエスカレーターがあるので

降りてください。

降りたら一本道なので道なりに進みましょう。

 

f:id:negototsukasa:20190511181255j:plain

ここまで歩いたら左に曲がり、

エスカレーターで2階へ。

 

f:id:negototsukasa:20190511175626j:plain

上のような入り口が見えると思うので

入って直進してください。

 

f:id:negototsukasa:20190511175708j:plain

ここまで進んだら左へ

 

f:id:negototsukasa:20190511175744j:plain

この案内パネルが見えたら矢印に従って右へ

エレベーターで水族館の階に行けば到着です。

 

特別展レポ

まずはこちら!

「へんないきもの展3」

f:id:negototsukasa:20190511175841j:plain

 

別途400円の料金がかかりますが、

(水族館に入らず特別展だけに入場する場合は600円)

なかなか面白い特別展です。

 

f:id:negototsukasa:20190511175441j:plain

細すぎてもやは蜘蛛のようなカニ「アロークラブ」

f:id:negototsukasa:20190511175425j:plain

小さな体に強烈な毒を持つ「オオマルモンダコ」

こんな感じで見た目が不思議な展示生物もいます。

 

しかし、

地味な見た目をした生き物や身近な生き物たちが、

実は変わった生態を持っているということがわかるのもこの特別展の面白いところ!

 

貝を捕食する貝

実は◯◯◯◯だったタラバガニ

エイリアンのような口を持つ◯◯◯

など驚きの連続です。

 

解説は生態が理解できて面白いのはもちろんのこと、

解説文自体が読み物として面白いので

思わずクスッと笑ってしまいますよ。

 

ただ、展示自体は先ほどの写真のように非常にシンプルです。

解説文がメインみたいなところがあり、

水族館の雰囲気や綺麗な水景を求めている方には少々物足りない展示だと思います。

 

しかし、

これを機に生き物の生態に目を向けて見るのも面白いと思います。

もしかしたら水族館の新しい楽しみ方が見つかるかもしれませんよ!

7/5まで開催しているのでぜひ立ち寄ってみてください。

 

 

館内レポ

続いては常設展示の方を見ていきましょう。

館内は1階と2階があり、

1階は大海の生き物たち

2階は淡水域も含めた水辺の生き物をメインに展示しています。

 

1階の屋外にはリニューアルされた屋上エリアが広がり、

ペンギンやカワウソ、アシカなどの鳥類や哺乳類がメインで展示されています。

 

人気のアシカショーや、

天空の水槽でのペンギンを見ながらの生態解説などはこの屋上エリアで行うので、

ショーの時間が近かったら館内からではなく、

屋外から回るのも良いと思います。

 

施設の説明はこの辺にして、

さっそく館内の方を見ていきましょう!

 

1階ですが、

このフロアは海の水槽特有の色あざやかな展示が多く、見ていて癒されるものが多いです。

中でも一番オススメなのがこちらの水槽

f:id:negototsukasa:20190511175415j:plain

 

中規模の水槽なのですが

洞窟をイメージしており、

レイアウトが本当に素晴らしいです。

「洞窟に咲く花」と称されるこの水槽は、

色彩も鮮やかで洞窟の奥行き感まで表現されているので圧巻ですよ。

 

そしてこの水槽には少し面白い魚がいます。

それがこの子!

f:id:negototsukasa:20190511175337j:plain

ヒカリキンメダイ

なんとこの魚、

名前からもわかる通り光るんです!

(写真は光った姿)

 

光る原理としては、

発光バクテリアと共生し

目の下の発光器を光らせています。

 

わりと頻繁に点滅させているので、

ぜひ水槽の中のヒカリキンメダイを探して

発光するところを見てみてください。

 

ちなみに私は、

この魚を見るとスパイダーマンに登場するヴェノムを思い出してしまいます笑


さらに

この水槽の横にある「冷たい海」の水槽には

こんな珍しい魚も展示されています。

f:id:negototsukasa:20190511175458j:plain

ゾウギンザメ

鼻が雑巾みたいなサメだからゾウギンザメと思ったあなた!

ゾウ"ギン"です。

キンじゃありません。

私も最初は雑巾だと勘違いしてました、、、笑

 

恐らくゾウみたいな鼻とこの身体の銀色の光沢が名前の由来だと思います。

どうやらまだ謎が多い生き物らしく、

サンシャインでは国内初の繁殖を狙っているそう。

今日、公式Twitterでは産卵中との情報があったので、

これはもしかすると国内初あるかもしれませんね!期待です!

 

そして1階のメイン水槽と言ったらやはりこちら

f:id:negototsukasa:20190511175449j:plain

大水槽「サンシャインラグーン」

背景を暗い色にして、

どこまでも水槽が続いているように見せる手法を使っています。

そのため、

実際のサイズより大きな水槽に見えるんですね。

 

ちなみに、

これは水族館業界では有名な中村元さんのアイデア。

さすが日本で唯一の水族館プロデューサーです。

 

この水槽では水中パフォーマンスも行われるので、ショーの時間と重なった方はぜひ見てみてください!

 

そして今回、

このラグーン水槽の餌やり体験に参加してきました!

その様子は後ほどお伝えします!

 

盛りだくさんの1階ですが他にも、

f:id:negototsukasa:20190511175606j:plain

 

クラゲのトンネルが幻想的な

「ふわりうむ」などがあります。

 

クラゲは色んな館が美しく見せる工夫をしていますが、

トンネル型の水槽でクラゲが見られる場所は、

僕が訪れたところでは今のところサンシャインだけですね。

上を向いて見るクラゲはなかなか新鮮ですよ!

 

そして2階へ

f:id:negototsukasa:20190511175737j:plain

 

2階は水辺の生き物ということで、

淡水域の展示がほとんどを占めます。

アロワナや亀などが展示されているこの水槽には、こんな生き物もひっそりと身を潜めています。 

f:id:negototsukasa:20190511175826j:plain

グリーンイグアナ

緑と同化して見えづらい時もありますが、

ミッケ感覚でぜひ探してみてください。

 

2階には淡水魚や爬虫類の他にも、

カエルやカメなどの両生類、

バイカルアザラシなどが展示されています。

バイカルアザラシは国内では2例目の赤ちゃんが生まれ、

今月の15日から一般公開されるそうなのでこれを機に足を運んでみてはいかかでしょうか。

 

そしていよいよリニューアル後、

サンシャインの目玉となった屋外エリア

f:id:negototsukasa:20190511181252j:plain

マリンガーデン

まさに都会のど真ん中に現れたオアシスです。

ちなみに夜になるとこんな感じ

f:id:negototsukasa:20190513222152j:image

ライトアップで日中とは違った姿を見せてくれます。

 

そして手前の滝が流れている大地には

このエリアの主役「ペンギン」がいます。 

f:id:negototsukasa:20190511175855j:plain

 

緑の中にペンギンがいる光景は意外と新鮮ですよね。

ペンギンって寒いところじゃなくても大丈夫なの?

って思うかもしれませんが、

展示されているケープペンギンは

名前の通り南アフリカのケープタウンに生息しているため、

この展示方法でも大丈夫なんです。

というかむしろ本来の生息域に合わせた展示空間になっていますのでご安心を。

 

余談ですが、

私はペンギンが水族館の生き物の中で一番好きなので、

ペンギンについてはいつか別で記事を書きますね。

 

さぁ話を戻して、

草原のペンギンの横にあるこちらの水槽がマリンガーデンの目玉

天空の水槽です!

f:id:negototsukasa:20190511175544j:plain

 

。。。いつ見てもうっとりしてしまいます笑

高層マンションを横切る姿はまさに空飛ぶペンギン。

 

f:id:negototsukasa:20190511175639j:plain

下から泳ぐペンギンを撮ればこんな写真も

こういった頭上を泳ぐペンギンの展示に関しては、実はサンシャインのリニューアル以前から行っている施設もあります。

 

ただ、

水槽を正面から見てもペンギンが空を飛んでいるように見えるのはサンシャインだけ!

 

高層ビルの屋上という、

水族館の中では今のところ唯一無二の立地を十二分に生かした展示手法は必見です!

 

気をつけてほしいのが、

19時になると「天空の水槽」での生体展示は終わってしまうので、

そこだけは注意してくださいね。

 

マリンガーデンを楽しんでいたら、

アシカショーの時間が近づいてきました。

f:id:negototsukasa:20190512191536j:plain


華麗なパフォーマンスを次々と決めていくアシカは見応え十分。

最前列だとかなり近くまでアシカが寄って来てくれるのでオススメです。

時間も10分と短めなので、

滞在中にショーがある時はぜひ立ち寄ってみてください。

 

また、アシカ自体はショーの時間でなくても、

マリンガーデンの水槽でいつでも見られます。

「サンシャインアクアリング」というドーナツ状の水槽を下から覗いて見るのがオススメ。

f:id:negototsukasa:20190513193548j:plain

ちなみにこのエリアでは、

アロワナとドラド(淡水魚)、ペリカン、ペンギン、アシカのフィーディングタイム(食事風景)や、

カワウソのお散歩風景が見られるイベントなどが開催されます。

生き物たちの躍動する姿を見たい方や、

生態解説が聞きたい方はぜひチェックしてみてください。

 

有料プログラム餌やり体験レポ

最後に、

サンシャインラグーン水槽での餌やり体験の様子をご紹介!

こちらは有料プログラムで別途300円の料金がかかります。

体験時間はおよそ20分です。

 

普段立ち入ることのできないバックヤードを通り、

サンシャイン最大の水槽の上まで行って魚たちに餌をあげます。

 

指定の時間に館内1階の集合場所に行き、

いざ出発!

さっそくバックヤードに入り、

飼育員さんからの注意事項を聞いて

調餌場のある2階へ階段で移動します。

 

調餌場に着いたら、

さっそく今回魚たちにあげる餌が登場!

f:id:negototsukasa:20190511175552j:plain

 

色んな魚をブレンドした特製のお団子らしいです。

中身はクイズ形式で飼育員さんから出題されるので参加してからのお楽しみ!

 

配布されるビニール手袋を装着して、

餌を受け取ったらいよいよ「サンシャインラグーン」の上に移動します。

水槽にかけられた通路の中程まで行き下を覗いてみると。。。 

f:id:negototsukasa:20190511175729j:plain

 

こんな感じで魚たちが泳いでいます。

この水槽には約1000匹の魚がおり、

水量は約240トンらしいです。

 

いまいちピンときませんが、

この水量をお風呂で換算するとなんと3年半分くらいです笑

 

それだけの水量の水圧に耐えうるために、

アクリルも13センチの厚さがあるみたいです。

巨大水槽ではどんなに近くに魚を感じても

そこには十数センチの距離があるんですね。。。

 

と変な回想は置いといて、

参加者にとっても魚にとってもお待ちかね!

餌をあげる時間がやってきました。

 

参加者は各々与えたい位置に

先ほど配られた団子を落とします。

すると。。。

f:id:negototsukasa:20190511175912j:plain

 

パシャパシャと魚たちが一斉に群がり餌を食べます。

この時1階の水槽から見るとどんな様子なのかちょっと気になりました。

 

団子は1個だけなので餌やりはこれで終わり!

最後に調餌場に戻り、

参加者から飼育員さんへの質問タイムを経てイベントは終了。

 

あっという間の20分でしたが、

300円で普段体験できない餌やりやバックヤードの見学ができるのはお得に感じました。

 

水族館の裏側が見たかったり、

水族館のことをもっと知りたいと思ってる方にはオススメです!

参加したい方はチケットカウンターで手続きができますのでぜひ!

 

ちなみにサンシャイン水族館には、

もう1つ探検ガイドツアーという有料プログラムがあります。

こちらは500円で所要時間も50分と、

今回紹介したプログラムよりもボリューミーなプログラムになっています。

 

内容は

飼育員さんによる生き物たちのエピソードを交えたバックヤードツアーだとか。

気になる方はぜひこちらも参加してみてはいかがでしょうか!

 

まとめ

まさに天空のオアシス「サンシャイン水族館」

ド派手なイルカショーや超巨大水槽はありませんが、

様々な工夫が施された展示はどれも見応えがあります。

とくにビル群を飛ぶペンギンはここでしか見られませんよ!

 

サンシャインは今回紹介した特別展や、

水族館ホラーナイトなどのイベントを多く行っている館なので、

定期的に訪れたくなる水族館です。

 

今月の19日までは「名探偵コナン」とのコラボも行われており、

こういったコラボをきっかけに足を運びたくなる人も多いと思います。

 

ちなみにコナンとのコラボで謎解きができるのですが、

けっこう楽しめたので時間がある方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

そして15日からはバイカルアザラシの赤ちゃんが公開され、

貴重なゾウギンザメの展示も今なら見られます。

珍しい生体に会えるチャンスなのでぜひ足を運んでみてください!

 

今回は特別展、有料プログラムと盛りだくさんで長文でしたが、

最後まで読んでいただきありがとうございました 。