水族館好きの水族館ブログ

めざせ!全国制覇!日本全国まったり水族館巡り

【新江ノ島水族館】梅雨に訪れたくなるイベント盛りだくさん!日本の海の魅力たっぷりの水族館

都内の水族館の紹介途中でしたが、

先日「えのすい」こと新江ノ島水族館に久々に行ってきましたので、

今回は今の季節でも楽しめる!

というより梅雨だからこそ楽しめるえのすいを紹介していきます。

 

そもそも水族館自体屋内の施設なので梅雨のレジャーにはもってこいなのですが、

梅雨ならではのイベントを実施してるえのすいは他の水族館よりもさらにオススメ!

 

また立地的にも紫陽花で有名な鎌倉が近く、

お出かけのプランにこれらのスポットを組み込めば、

えのすいだけでなく梅雨ならではの観光も一緒に楽しむことができます。

 

中でもオススメなのが、

江ノ島と鎌倉を一本で繋ぐ江ノ電の1日乗り放題乗車券「のりおりくん」と、

えのすいの入館チケットがセットになった前売り券です。

 

一般の入館料が2400円なのに比べてこちらの前売りは江ノ電の乗り放題が付いて2520円!

江ノ電に乗りたい方や鎌倉に行きたい方はぜひ利用してみてください。

ちなみにこちらの券は6/30までセブンイレブンでのみ購入可能です。

 

他にも色んな施設とセットになったお得な前売券がたくさんあるので、えのすいに訪れる際はぜひ利用しましょう!

 

追記

7/7まで神奈川県内に在住、在学、在勤している方は入場料が半額になる優待キャンペーンを行っています。

詳細はこちら

新江ノ島水族館 15周年感謝企画 『半額ご優待 第2弾』実施のご案内(6月15日~7月7日) | 新江ノ島水族館

 

 

 

f:id:negototsukasa:20190608000844j:plain

基本情報

入館料  大人2400円

     高校生1500円

     小・中学生1000円

     幼児(3歳以上)600円

営業時間 9:00〜17:00(最終入場16:00)

     夏休み期間中は営業時間変更

     詳細は公式ホームページに

休館日  なし

アクセス 小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」から徒歩3分

     江ノ島電鉄「江ノ島駅」から徒歩10分

     湘南モノレール「湘南江の島駅」から徒歩10分

URL   https://www.enosui.com/

 

アクセス詳細

えのすいの最寄駅は3個あります。

今回は僕が利用した江ノ電の江ノ島駅からのアクセスを載せておきます。

 

f:id:negototsukasa:20190608000833j:plain

改札を出たら目の前に見えるこの道を写真の方向へまっすぐ進みます。

 

f:id:negototsukasa:20190608000856j:plain

まっすぐ進むと大通りに出ます。

写真の地下通路を利用して大通りの反対側に渡りましょう。

 

f:id:negototsukasa:20190607191150j:plain

渡ったら正面の江ノ島方面ではなく右に曲がり、写真の橋を渡って直進します。

 

f:id:negototsukasa:20190608001027j:plain

するとえのすいが見えてきますので到着です。

ちなみに湘南モノレールの湘南江ノ島駅も1番最初の写真の道路上にあるので(江ノ電より奥にあります)同じ行き方です。

 

残る小田急線の片瀬江ノ島駅は水族館から最も近く、改札を出たら案内が出ていたはずなので、そちらを頼りに行けば迷わず辿りつけると思います。

 

 

館内レポ

入場したらまず2階へ。

2階の部屋からはいきなり絶景が広がります。

f:id:negototsukasa:20190607191238j:plain

椅子などもあるのでのんびりと景色を楽しむことができますが、流石に休憩するには早いですね笑

 

えのすいまでの道のりが長かった人には良い休憩スポットかもしれません。

 

f:id:negototsukasa:20190607191225j:plain

そして部屋の隅には6/7から公開の映画「海獣の子供」のパネルが!

えのすいはどうやら劇中に登場する水族館のモデルになってるみたいです。

 

館内の至る所にモデルになったスポットの劇中カットがあるので、映画を観た方は館内散策をより楽しめると思います。


先程の劇中カットの通路を渡り、ここからいよいよ館内に突入です。

まず目に入る水槽がこちら

f:id:negototsukasa:20190607190849j:plain

泡立っていてよくわからないですが、
実は波が再現されていて波が発生した後の写真だからこんなに白いんです。

 

何回か波が来るのを観察していたのですが、

どうやら波の規模もバラバラみたいで、かなり自然環境を忠実に再現している印象を受けました。

 

f:id:negototsukasa:20190607190901j:plain

この水槽の隣には波の影響を受けない水槽もあるので、魚をちゃんと見たいという方も波に驚かされずにじっくりと見ることができますよ。

 

そしてこの水槽、

奥をよーくのぞいてみるとかなりの深さと広さがあるということがわかります。

f:id:negototsukasa:20190607190914j:plain

イワシの群れが奥でうごめいていますが、

この水槽の全貌は順路を進むと姿を現します。

それがこちら!

 

f:id:negototsukasa:20190608001014j:plain

先程の水槽は1階にまで続く大水槽の表層部分に過ぎなかったわけです。

人が座って鑑賞しているのが気になりますが、実は水中ショーの最中なんですね。

 

この水中ショーはトリーターさんが相模湾大水槽にカメラを持って入り、

その映像をライブでモニターに映し、大水槽前のもう1人のトリーターさんが解説するというものです。

(トリーターというのはえのすいの飼育員さんの呼称です)

 

ちなみに水中ショーにはこの他にも、

トリーターさんが水槽の中でふれあいパフォーマンスをするという別バリエーションもあります。

 

さて、2階にはまだまだ水槽があるので大水槽見学はこの辺にして次に行きます。

f:id:negototsukasa:20190607190938j:plain

この水槽は葛西の「海藻の林」を彷彿とさせます。

海藻って色鮮やかなサンゴとかと比べると地味ですが、存在感があって生命力を感じますよね。

個人的にはこういった海藻や海中の自然環境が主役で、魚がその影に身を潜めているような水槽はけっこう好みです。

 

ここまでは海の展示でしたが、

ここからは一転して川〜浅瀬〜海〜深海への流れで展示が続いていきます。

 

このように自然界の水の流れを再現するために、淡水域から海へと展示が展開していくことは水族館ではよくあります。

このような流れの展示を見たら自然界の水の流れをぜひ意識してみてください。

 

では展示を見ていきましょう!

f:id:negototsukasa:20190607191036j:plain

まずは川の展示。

水槽に丸が付いているのが印象的ですが、これはそのポイントで魚がよく飛びますよという印です。

川魚のダイナミックな姿を見たい方は水槽の前で待ってみてはいかがでしょうか。

 

そして次は川から海へ展示が変わります。

f:id:negototsukasa:20190607190722j:plain

こちらはまだ海と言っても藻場ですね。

ここからどんどん深いところの展示になっていきます。

 

f:id:negototsukasa:20190607191048j:plain

と、ここで一旦寄り道、

これは干潟の展示の写真なのですが実は写真の中にカニが隠れています。

時間に余裕がある方は探してみてくださいね!

 

さて、順路を進んでいくと、

特徴的な水槽が飛び込んできます。

f:id:negototsukasa:20190607215908j:plain

湾曲し天井まで水槽になっているこちらの展示は、先程見た大水槽を違う視点から見られる展示です。

大水槽の様子を覗ける展示としては最も没入感があり、水槽に一歩足を踏み入れた気分にさせてくれます。

 

さらに順路を進んでいくと、

世界初の展示が飛び込んできます。

f:id:negototsukasa:20190607215703j:plain

その名もシラスサイエンス!

 

今のシーズンならえのすいに来る途中にこのシラスの文字をたくさん見ることになると思いますが。。。

ここではそんなシラスを生きた状態で見られます!

f:id:negototsukasa:20190607215716j:plain

泳ぎ回る姿はなかなか幻想的。

それにしても世界で初めてシラスの繁殖展示をしたのがえのすいというのは、シラスが特産品になっている江ノ島の水族館らしいですよね。

 

水槽を見ながら順路のスロープを降りて行ったらあっという間に1階です。

ということはあの水槽を下から見上げることが。。。

f:id:negototsukasa:20190607215729j:plain

できるんですね!

 

色々な位置、角度から楽しめるのが大水槽の醍醐味。
でも大水槽はやっぱり下から見上げるのが1番迫力がある気がします。

先程見たシラスたちもここでは立派なイワシになって群れを成して泳いでいますね。

 

そして川から始まり徐々に深くなっていた展示もいよいよ終点の深海エリアです。

f:id:negototsukasa:20190607215857j:plain

生体に刺激が当たらないようエリアも水槽もかなり暗めです。

しかし、深海生物のバリエーションは他の水族館よりも充実していて、初めて見るような生き物も多いと思いますのでじっくり見てみてください。

 

ちなみに深海に関しては違う視点での展示が別のエリアにあります。

それについては後ほど!

 

海の深層まで誘われた後、

順路を進むと一際存在感を放つ空間が現れます。

f:id:negototsukasa:20190608002856j:plain

ミズクラゲを模した天井が幻想的ですが、

これはえのすいが力を入れているクラゲの展示空間です。

なんと中央の球体の中にもクラゲがいるんですよ。

 

そしてこの部屋では他の水族館ではなかなか見ることのできないクラゲのショーが行われます。

 

といってもクラゲは当然派手に動いたりはしないので、

プロジェクションマッピングを利用したものですが見応えはかなりあります。

それが一目でわかるのがこの写真。

 

f:id:negototsukasa:20190607190838j:plain

このように今のシーズンはクラゲと紫陽花の相性抜群のコラボレーションが楽しめます。

このコラボは6月しか見ることができないので要チェックです!

 

また、クラゲに関してはこの部屋だけにとどまらず、

隣のエリアにもクラゲサイエンスという展示が広がっています。

f:id:negototsukasa:20190607215845j:plain

この丸い水槽全て違うクラゲが入ってるから驚きです。

 

これだけの種類がいると初めて見るような不思議なクラゲもいくつかいます。

f:id:negototsukasa:20190607215834j:plain
f:id:negototsukasa:20190607215821j:plain

宇宙人と見紛う外見に、

クラゲに詳しくなくても興奮すること間違いなしです。

 

f:id:negototsukasa:20190607215753j:plain

そんなクラゲの中でも最近展示が始まったこちらのクロカムリクラゲは必見です。

 

f:id:negototsukasa:20190607215740j:plain

生息域が深海で水温が低いため、

水槽に結露が生じて写真だと見にくいのですが、なんとも異様な風貌ですよね。

 

えのすいトリーターさんのブログによると、

深海ファンもクラゲファンも唸るクラゲだとか。

(詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ)

www.enosui.com

 

えのすいでは12年ぶりの展示らしいので、

見られるうちに見に行くことをオススメします!

 

f:id:negototsukasa:20190607191127j:plain

このエリアにはクラゲ以外にも存在感を放つサメ水槽も!

 

f:id:negototsukasa:20190607215809j:plain

さらに奥には、

皇室のご一家が研究しているというハゼやナマズたちの展示もあります。

 

でもこのエリアで最も可愛かった生き物は。。。

f:id:negototsukasa:20190607191022j:plain

この子です!

フウセンウオという魚の子供なんですけど、

岩にみんなでピタッとくっついてる姿がたまりません。

 

 

次はエスカレーターを使って2階に上がります。

しばらく暗い館内で水槽に囲まれていたので、太陽光がさしている2階に昇るのは海中から陸上に上がる感覚に陥ります。

 

2階を進んでいくと、

ペンギンやアザラシの展示が!

f:id:negototsukasa:20190607190743j:plain

こちらはペンギン水槽ですが、

またまたイベントの真っ最中でした。

 

こちらも先程の大水槽のショー同様、

水槽の中と外にトリーターさんがいて、その様子をモニターに映し出しながらペンギンたちのお話が聞けるというものです。

 

オモチャで遊ぶペンギンなど、

普段は見られないペンギンの一面が見られるので時間があった方はぜひ見てみてください。

 

そしてペンギンたちの水槽の後ろにあるのが、

このシーズンならではの特別展示!

f:id:negototsukasa:20190607190733j:plain

紫陽花をあしらったコンセプト水槽に白や赤といった色鮮やかなメダカが展示されています。

 

f:id:negototsukasa:20190607190754j:plain

ちなみに水槽はこんな感じ。

水中の紫陽花もなかなか綺麗で見応えがありますよね。

 

特別展示で梅雨を堪能したら、順路を進んで久々の屋外へ。

と思いきや、外に出て左側を見ると地下へと続く階段があります。

せっかく外に出た矢先ここから再び深海の世界へ誘われます。

しかし、下には驚きの光景が!

f:id:negototsukasa:20190607190538j:plain

 そう、下に降りると大きな潜水船がお出迎えしてくれるんです。

そして驚くことにこの潜水船、レプリカとかではなくて本物です。

 

ここのエリアでは、

展示されている潜水船「しんかい2000」による潜水調査の歴史・解説や発見してきた深海生物の標本などによって、先程とは違う視点から深海の世界を楽しめます。

 

この展示エリアは水族館というより科学館のような印象を受けるかと思いますが、本物のしんかい2000を見られるのはえのすいだけなので、えのすいに訪れた際にはぜひ足を運んでみてください。

 

地上に再び帰還し、

手すりから下を覗いて見るとウミガメの展示が

f:id:negototsukasa:20190607190520j:plain

雨の日は濡れてしまうので、

梅雨の時期はちょっと下まで行きにくいのがネックですが、上からでもウミガメの姿を見られるのでご安心を。

 

ちなみに階段を降りた先は改装工事中で、カピバラのエリアをリニューアルしているみたいです。

 

ウミガメの展示を横目に順路の通路を進んでいくと、横になぎさの体験学習館というものがあります。

f:id:negototsukasa:20190607190827j:plain

こちらが入り口。

水族館では気になった場所にはどんどん入っていきましょう!

(もちろん案内が出ている場所だけですよ)

 

体験学習館と名前になってるだけあってタッチプールなどがあります。

f:id:negototsukasa:20190607190959j:plain

このプールではヒトデやヤドカリ、ナマコなどに触れます。

 

f:id:negototsukasa:20190607190548j:plain
f:id:negototsukasa:20190607190602j:plain

また、飛砂体験装置や造波装置などがあり、

なぎさの環境について施設の名前通り、目や体で体験して学ぶことができます。

 

f:id:negototsukasa:20190608001000j:plain

さらに階段で下に降りると、

ワークショップの会場である発見創造ラボがあります。

無料のワークショップなどもあるので、子供連れの方は時間などを確認してぜひ足を運んでみてください。

 

2階に戻り、

なぎさの体験学習館を出て再び通路を進んでいくとスタジアムが見えてきますが。。。

f:id:negototsukasa:20190607190614j:plain

その手前にはまたしても地下に伸びる階段があります。

意外と見過ごされがちなエリアですが、

下にはタッチプールがあるので降りていきましょう。

 

f:id:negototsukasa:20190607191011j:plain

1番下まで降りると先程のタッチプールよりも大きいプールが!

 

f:id:negototsukasa:20190607191113j:plain

ここでは先程のプールにはいなかったネコザメなんかにも触れます。

ザラザラのサメ肌を体験できるので少し怖いかもしれませんが勇気を持って触ってみてください。

 

ただ、ちゃんとルールを守って生体に負担がかからないように優しく触りましょうね!

 

さて、次はいよいよイルカ・アシカショーの紹介です。

えのすいでは平日と休日(夏休みなどの長期休みを含む)でプログラムが違います。

今回は平日に訪れたので平日のプログラムを紹介!

 

ショーが始まってまずステージに入ってくるのはアシカたちです!

近くで見ると大きいアシカですが、スタジアムの後ろから見るとかなり小さいです笑

f:id:negototsukasa:20190608000927j:plain

それでもアシカたちの揃った動きなどはしっかり見えるのでその可愛さに癒されます。

トレーナーさんの足に抱きついてる姿はたまりません!

 

そしてアシカたちの出番が終わるといよいよイルカたちの登場です!

f:id:negototsukasa:20190608000907j:plain

綺麗なジャンプに会場も大盛り上がり。

 

とここで一つ豆知識!

実はえのすい、日本で初めてイルカショーを行った水族館なんです。

(正確にいうと新江ノ島水族館になる前の江ノ島水族館がですが)

今や水族館の花形で全国的に人気を博しているイルカショーですが、その原点はえのすいだったんですね。

まぁ今となってはイルカなどの鯨類を取り囲む問題が、水族館を考える上で一番の難題なのですが。。。この話はまた違う機会にします。

 

さてさて、

ショーに戻るといよいよクライマックス!

こんな大技も飛び出します!

f:id:negototsukasa:20190608004809j:plain

なんとイルカに押し上げられたトレーナーさんが空中を飛んでいます!

この演目で会場は1番の盛り上がりを見せ、ショーは無事に終わりました!

 

興奮冷めあらぬまま出口を目指して来た道を辿ると、

オーシャンビューのテラスが

f:id:negototsukasa:20190608004718j:plain

この時期にはあまりないかもしれませんが、

天気の良い日にはぜひ景色を堪能してみてください。

 

また防護ネットがあるのでここは大丈夫だと思いますが、海沿いは常にトンビが食べ物を狙っているので、外で飲食する場合は気をつけましょう。

僕も一回江ノ島の海を食べ物を持って歩いていたらトンビに襲われて手からトマトケチャップが出ました。


f:id:negototsukasa:20190607190626j:plain

オーシャンビューのテラスを奥まで進むと、

先ほどのリニューアル工事に伴い、展示場所が移動しているカピバラがいます。

 

そしてこのテラスからも見られるのですが、

館内に戻るとカワウソの展示エリアもあります。

f:id:negototsukasa:20190608000947j:plain

ちょうど餌の時間でトリーターさんに餌をねだっている姿が見られました。

 

見所たっぷりの展示でしたがいよいよ最後です。

2階から出口に向かう途中にもう一つ紫陽花をあしらった期間限定の水槽があるのですが。。。

 

僕は閉館ギリギリまで1階にいて1階から出てしまったので見逃しました!笑

皆さんは2階から出口に行ってぜひ見てきてくださいね!

 

ということでこれにて今回の館内レポは終了です。

 

まとめ

展示内容からもわかるのですが、

えのすいはまさにTHE日本の水族館という感じがします。

 

世界の色んな海域や外国の淡水魚の展示はなく、日本の海や川だけを魅せる展示は自分が日本人だからなのかとても興奮しました。

 

中でも相模湾大水槽は圧巻の一言!

南国の透き通った水色の海水も綺麗なのですが、栄養が豊富な濃い色の海水も生命力を感じて魅力的に映ります。

 

また、えのすいの目の前に広がる広大な相模湾に、それらの生き物たちが生息していることを考えるとなかなか感慨深いものがあります。

 

個人の感想ばかりつらつらと書いてしまいましたが、大水槽あり!イルカショーあり!タッチプールあり!希少生物あり!と誰が来ても楽しめる水族館なのは間違いなしです。

 

あまり出かける気にならない梅雨の時期ですが、屋内展示がメインの水族館なら雨でも気にせず楽しめます!

 

梅雨のえのすいは限定のクラゲショーや紫陽花と魚のコラボ展示が見られ、

開館時に江ノ島で雨が降っている日に来館すれば、なんとカワウソの展示エリアにあるショップで可愛いシールなんかも貰えちゃいます(各日先着500名)。

 

この時期ならではのイベント盛りだくさんのえのすいに、ぜひ足を運んでみてください!

 

長くなりましたが最後まで読んでくださりありがとうございました。