水族館好きの水族館ブログ

めざせ!全国制覇!日本全国まったり水族館巡り

インスタ映え!?「いきもの×光×色=イキモノアート展」に行ってきた!【サンシャイン水族館】

今回はサンシャイン水族館の新イベント「イキモノアート展」に早速行ってきたので紹介していきたいと思います。

この企画展はフォトジェニックな4つのエリアで構成されており、「いきもの×空間デザイン」が大きなテーマになっています。

 

それにしてもサンシャインのイベントラッシュ凄まじいですね!

同時開催中のゾクゾク深海生物とホラー水族館のレポートもしているのでこちらからどうぞ

www.tsukasa-aquarium.com

 

 

 

f:id:negototsukasa:20200207205536j:plain

イベント情報

会期   2/7〜5/31

会場   水族館特別展会場

営業時間 10:00〜18:00(最終入場は30分前)

     3/20〜4/28,5/7〜5/31は9:30〜21:00

     4/29〜5/6は8:30〜21:00

料金   500円(水族館の入館券or年パスをお持ちの方、

        対象の施設・イベントを利用の方)

     800円(イキモノアート展のみ入場の方)

その他詳細は下記URLからどうぞ   

sunshinecity.jp

 

体験レポ

カラフルなゲートをくぐっていざ入場!

すると早速「いきもの×光」がテーマの「ネオン・蛍光エリア」が広がります。

f:id:negototsukasa:20200207205351j:plain

 

そして色的にも名前的にもこのエリアにぴったりなネオンテトラがまずはお出まし。

f:id:negototsukasa:20200207205405j:plain

 

他にもブラックライトで光るサソリやハナギンチャクの仲間も!

f:id:negototsukasa:20200207205444j:plain
f:id:negototsukasa:20200207205457j:plain

 

そしてこの通路!

f:id:negototsukasa:20200207205430j:plain

チケットを買う際シールを貰うのですが、この通路はそのシールを貼るエリアとなっています。

ちなみに壁にある丸い模様がシール。

会期の後半に行けばかなり華やかになりそうですね。

 

では暖簾をくぐって次のエリアへ!

f:id:negototsukasa:20200207205206j:plain

すると和の装飾が施された「和の光エリア」が。

f:id:negototsukasa:20200207205220j:plain

壁にはベタの水槽が埋め込まれています。

f:id:negototsukasa:20200207205233j:plain

なかなか立派なベタ。

これはうまく写真を撮れば映えそう…!

f:id:negototsukasa:20200207205246j:plain

こっちは日本庭園を意識したんでしょうか?

なかなか綺麗なレイアウトの水槽でビーシュリンプが映えています。

f:id:negototsukasa:20200207205313j:plain
f:id:negototsukasa:20200207205300j:plain

また、このエリアには昆虫標本で作られた万華鏡が壁に埋め込まれています!

レンズを入れて撮れば面白い写真が撮れるかも?

f:id:negototsukasa:20200207205325j:plain

エリア終盤の天井には金魚もいるのでお見逃しなく! 

 

そしてここからは「いきもの×色」がテーマ!

まずは「白エリア」です。

f:id:negototsukasa:20200207205338j:plain

驚きの白さ。。。

f:id:negototsukasa:20200207205638j:plain
f:id:negototsukasa:20200207205624j:plain

生き物の色を生かしたエリアなので、

はっきりとした濃い色を持つ生き物が展示されています。

 

そしてこのエリアの目玉展示がこちら

f:id:negototsukasa:20200207205708j:plain

パンサーカメレオンです!

と言いたいところですが、

f:id:negototsukasa:20200207205651j:plain

天井に張り付いていました。
皆さんはカラフルな木の上にいる姿が見られることを祈っています。

 

そしていよいよ最後のエリア!

f:id:negototsukasa:20200207205722j:plain

その名も「カラフルエリア」

f:id:negototsukasa:20200207205833j:plain
f:id:negototsukasa:20200207205818j:plain

様々なモチーフの水槽が並んでいます。

中にはこんな生き物も!

f:id:negototsukasa:20200207205805j:plain

スキニーギニアピッグと言ってモルモットの突然変異によって誕生した生き物みたいです。

ただ、そこまで色鮮やかでもないのでなぜこのエリアにいるのかは不思議でした。

 

そしてこの企画展で忘れてはならないのがこの子!

f:id:negototsukasa:20200207205553j:plain
f:id:negototsukasa:20200207205736j:plain

ベニコンゴウインコです。

これはもう文句なしのカラフル!

見れば見るほど美しいです。

 

あと面白かったというか絶対どこかやるだろうな〜と思っていた展示がこの企画展のラストにありました。

f:id:negototsukasa:20200207205847j:plain
f:id:negototsukasa:20200207205609j:plain

それがこのマルメタピオカガエルとタピオカを合わせた展示。

タピオカを写すとカエルが小さくなって写真では見えないというのが少し残念ですが、可愛らしいカエルなので可愛く撮ってあげてください。

 

ということで展示はここまで!

f:id:negototsukasa:20200207205520j:plain

出口にはバエちゃうグッズを売ってるお店とフォトスポットがあるのでこちらもチェックしてみてください。

 

まとめ

f:id:negototsukasa:20200207205418j:plain

フォトジェニックな空間いかがでしたでしょうか!

個人的には特設会場に設営したわりにはよくできていたなという印象でした。

 

こういった特設会場で行われる水族館系のイベント(中でもアートアクアリウム的なもの)はよくあるのですが、何もない空間に水槽や設備を持ってきて、一つのテーマの元展示会をやるというのは相当難しいんだなと毎回展示を見て思います。

 

やはり行われる会場がそれ用に作られた場所ではないので、

どこかちゃちく見えて現実に戻されてしまうんですよね。

なのでこういった空間そのものが主役になるアート的なテーマを掲げた企画展は最も難易度が高いと思います。

 

逆にこういったテーマにおいては水族館そのものの空間に勝るものに今の所出会ったことがないですね。

 

ただこちらはサンシャイン水族館が行っているだけあって、

水槽のクオリティはなかなか高く、見終わったあとに残念な気持ちにならなかったのはさすがだなと思いました。

とはいえ期待しすぎるのはオススメしません。

せっかくサンシャイン水族館まで来たし「500円くらいなら安い」とか「この値段なら見てもいいかな」という方には勧めますが、この料金で行くか悩んでいる方には勧めません。

 

なかなか厳しいことを言ってしまいましたが、

水族館とセットなら全然楽しめるイベントだと思うので、少しでも気になった方はぜひ水族館と一緒に足を運んでみてください。